パニック障害

当院では、パニック障害の鍼灸治療も行っています。

身体の状態を鍼で整えるのが重要になってきます。身体には、365個以上のツボがあるとされています。パニック障害の効果的なツボですが、これは、個人個人によって違ってきます。

しいて言うなれば、首や肩の凝りをとることが重要になってきます。
パニック障害の患者さんの7割近くが首や肩の異常を訴えています。
また、ご本人に自覚がなくても凝っている事が多々あります。

使うツボとしては

風池(ふうち) :首の後ろの髪の生え際まにある左右外側のくぼみでいちばんへこんでいる所にあります。

天柱(てんちゅう):首の後ろにある太い筋肉の外側、頭蓋骨の下のくぼみ所にあります。

完骨(かんこつ)耳の後ろにある出っ張った骨の先端にあります。

肩井 (けんせい) 第7頚椎棘突起と肩峰外縁中央との中点に取る。つまり、肩を触って硬い部分となります。

ここの部分を鍼によって刺激する事で首と肩を緩めていきます。

それによって、自律神経が整い易くなります。

そして、患者さんの状態に合わせて、耳のツボや全身調整の為に経絡色体をしていくことでパニック障害を改善していきます。

当院の治療方法としては、お薬等によらないお身体に優しい東洋医学の治療をしていきます。

次にどの様な鍼灸の治療をしていくか?ですが
パニック障害の場合は、自律神経を調整することが大事になってきます。

自律神経の治療については以下の記事を参考にされてください。

また、身体の状態を鍼で整えるのも重要になってきます。身体には、365個以上のツボがあるとされています。